麦星 - arcturus technologies- 

クラウド関連情報とデータサイエンス的な何かを発信しています

Mattermost with Docker in Alibaba Cloud ECS

@うしです。  

諸事情によりSlackやChatWorkとか使えない。とか言ってた人が居たことを思い出し、
猫も杓子もK8Sな昨今、若干、今更感がありますが、Alibaba Cloud ECSに
DockerでMattermost(Slack Clone)を入れてみましたので手順をシェアします。
   

ちなみに、Mattermostって何?って方は以下をご参照下さい。
SlackクローンのMattermostを使ってみる - 導入、初期設定編- - Qiita    

○ 環境

項目
リージョン Japan (Tokyo)
ゾーン Tokyo Zone A
インスタンスタイプ ecs.t5
CPU 1コア
メモリ 1 GB
OS CentOS 7.6 (64Bit)

リポジトリ

以下、mattermost/mattermost-docker 参照
github.com

○ 手順

前提
操作
  • ログインして、「root」にスイッチしたら取りあえず移動する
cd /var/www/
  • GitHub からクローンする
git clone https://github.com/mattermost/mattermost-docker.git
  • すると、ディレクトリ「mattermost-docker」が作成されるので移動
cd mattermost-docker
  • YAMLファイルがあるのでいじる。取りあえずファイルを開く
vim docker-compose.yml
  • README.mdを見ると「To install the team edition, comment out the two following lines」とあるので
    (チームエディションの場合は、2行をコメントアウトしてね。)とあり、
    ファイルを覗いてみると、既にコメントアウトされているので復活します。
e.g.) line 26~27
      # args:
      #   - edition=team

e.g.) line 26~27
        args:
          - edition=team

に変更
 
※ ちなみに、「#」と#の次にある空白を削除します。削除できてないと、ビルドでエラーが発生します。

 
   

  • 次に、「root」以外のユーザーでdockerを実行している場合は、
    /app/DockerfileのUIDとGIDが現在のUID / GIDと同じである必要がある。との事で、
    以下のコマンドを実行します。(README.mdの「Starting/Stopping Docker」の箇所)
mkdir -p ./volumes/app/mattermost/{data,logs,config,plugins}
chown -R 2000:2000 ./volumes/app/mattermost/

 
   

  • 起動(初回 )
docker-compose build
docker-compose up -d
  • 起動(2回目以降 )
docker-compose start
  • 停止
docker-compose stop
  • 処理中 初回起動時

  • 処理終了後、ECSのインターネットIPへブラウザでアクセス。
    すると、以下の様に「Mattermost」の画面が表示されます。

とりあえず、無事にインストール出来ました。
  

   

○ まとめ

  • やっぱ、コンテナは軽くて良い。
  • 次は、Container Service でやってみよー
  • と言うか、Container Service (K8s)に Knative 仕込んでみたいなぁ。   

追々、やってみよ。