麦星 - arcturus technologies- 

クラウド関連情報とデータサイエンス的な何かを発信しています

WordPress ( Knative extends K8s )

@うしです。
 
 
何か、Alibaba Cloud で試して見たいことが沢山あり、
最近、時間が経つのを忘れていじってます。
 
 
その試してみしてみたいことの中の1つにある
サーバレスコンテナ「Knative」を動作させるまでの試行錯誤をシェアしたいと思います。 (試行錯誤ってほどでもないけど・・)

「Knative」は、KubernetesとISTIOベースで駆動するプロダクトで
個人的に面白いと思うのは以下の2点で、最強にヤバいプロダクトです。

  • サーバーレスコンテナ
  • 起動数ゼロまでの自動 拡大/縮小  ← これ初めて見たとき、おおぉ!ってなった。  
     
     

若干、世間のコンテナ疲れ?も否めませんが、
個人的には、クラウドのメリットであるオートスケール機能 + Knative を
試したくて試したくて仕方ありませんでした。。
 
 
 
 
まぁ、とりあずやってみよー的な感じで実装します。  
 
 
 

クラスターの作成

  • コンソールから「Container Service」を選択します。
  • MENUからクラスターを選択します。  
     
     
    f:id:tangniu:20190204225808p:plain  
     
     
  • 設定項目は、ほぼデフォルトなのですが、以下の設定のみしております。  
     
項目
リージョン 東京
VPC 自動作成
AZ ゾーンB (オープンしたてなので)
SSHログイン 有効
Master 3
Worker 3

 
 
 
 
 

  • いざ作成ボタン!

何やら、「ROS」プロダクトを有効化せー、Auto Scaling(ESS)の権限付けろーと
怒られました。 (そりゃそうだ。。)

※ROS = Resource Orchestration Service

f:id:tangniu:20190204230851p:plain  
 
 
 
 

f:id:tangniu:20190204232902p:plain

 
 
 

  • いざ、もっかい作成ボタンを!

f:id:tangniu:20190204233753p:plain  
 
 

  • 無事作成できたっ  

  • ただ、Kubernetesクラスター作成には15分ほどかかる。とのこと  

  • 15分ほどかかる。。とのこと

  • 15分ほどかかる。。。

  • もう、待ちくたびれたので、続きは明日以降で、今日はクラスター作成まで

  • コンテナをいじる様になってから、忍耐力がなくなったように感じます。。

という事で眠いので、まとめ

K8Sクラスタを作るには、以下のサービスを有効、権限設定する必要がありまーす。

でわ!