麦星 - arcturus technologies- 

クラウド関連情報とデータサイエンス的な何かを発信しています

Docker Meetup Tokyo #28 に行ってきたよ

こんばんは。 年のせいか最近、疲れ気味の@うし です。
 
2019/02/26(火) 19:00 〜 のDocker Meetup Tokyo #28に行ってきました。
 
んー、Docker 軽くていいですね。
 
dockerjp.connpass.com  
 
150人の枠に、応募が273人もある人気のミートアップです。
(運よく抽選で当選しました。)
 
本当は、東京に、春から拠点となる住居を探しに行ったのですが、
ついで?と言っては何ですが参加させて頂きました。
 
 
「今回は初心者歓迎のLT大会です!」との事で、LT枠 が8名と増量されておりました。  
 
その中で、ちょっと気になったLTを。  
 

〇 Virtual Kubeletについて のLT
  • 最近のコンテナの動向のお話しからノードレスサービスの説明
    コンテナの区分け表が良く出来ていたので、もう一度見たい。
     

  • Virtual Kubelet でバーチャルの話をする前に、そもそも Kubeletって何よ?と 。  
    登壇者が言うには、
    kubeletは、K8Sクラスターのワーカーで動作しているコンポーネントで、
    コンテナの起動とか停止とかを行うサービスなのよ。と
     

  • (心の声)
    ほうほう。これをバーチャルでしたらどんな良いことがあるのかな?  
     

  • 答え
    Virtual Kubeletを起動、ワーカーを作成し、ノードにポッドを配置すると
    YAMLファイルで指定した(ノードレスの)サービスで実行可能とのこと。  
     

  • 結果
    んー、試してみたい。もっとガッツリ遊んでみたい。と思いました。
     
    あ、あと、英語のLTは、9割5分くらい分からなかったよ。。